ブラック洗脳を解く 推奨書籍

知識習得

この記事にたどり着いたということは、少なからず自分の勤務先がブラックなのではないか、と思っているはずだ。その疑問は転職エージェントにするのが最適だが、それには少々ハードルがあることも事実。まずは書籍から情報収拾を行うのも有効だ。

NOと言えない若者がブラック企業に負けず働く方法

『NOと言えない若者がブラック企業に負けず働く方法』河村遼平 晶文社 (2014)

Amazonのリンク

この本はブラック企業とはどんな会社なのか、というところから始まり、そこからどうやって脱却すべきなのかという実用的な情報が載っている。労働基準法についての言及もあり勉強になる。

僕は、この本を読んで重要な価値観を学んだ。それは、ブラック企業で働く社員が、ブラック企業を延命させているということだ。ブラックな労働環境に「NO」という人がいないから、経営者は改善をしない。また、低い賃金で働いてしまうから、ブラック企業に利益が残って、存続を許してしまう。いわば労働力のダンピングである(ダンピング=不当な安売り)。

自分が、ブラック企業の延命に協力してしまっている。なんということだ…この価値観を学んだ時から、僕は転職活動を開始した。

社員が働いてくれなくなったら、一番困るのは経営者だ。そのことを皆、うまく洗脳されて誤魔化されている。ブラック労働を甘んじて受け入れて、従事している人は労働力のダンピングをしていると思った方がいい。その差額は経営者のポケットに入っている。

その差益がなかったらとっくに潰れてしまうのがブラック企業。自分の取り分を減らされて、それがブラック企業の運転資金になっているという自覚を持った方がいい。

人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点

『人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点』木暮太一 講談社(2018)

(amazonリンク)

『資本論』(マルクス)と『金持ち父さん・貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ)という歴史的名著を組み合わせ考察した一冊。僕が最も感銘を受けた部分は「賃金は労働力の再生産コスト」という考え方だ。労働者に支払われる給与というのは、人間一人が持つ労働力を再生産するための必要経費を支給しているに過ぎない。だから、多くはもらえない。多くもらっている人は、それなりのストレスを受けているからその解消や、それなりの身なりをするために賃金を多くもらっているだけ。あと養う家族がいるから、その分の必要経費ということなのだ。

僕はこの考え方をニュースのアプリでちょっと読んで、興味を持って購入したら大変勉強になった。上記の考え方でいくと、労働者をやっている限り、頭打ちじゃないかと感じるかと思う。もちろんその通りなのだが、筆者は独立には触れずに第6章において解決策を提示している。

あまり書くとネタバレになってしまうから、詳しくは読んでみてほしいのだが、僕がこのサイトで提唱している「化学業界で営業職をやる」が見事に通底している。それは「積み上げが効く仕事をしなさい」ということだ。これは僕が提唱する、まさに真髄である。積み上げが効く仕事は、だんだんラクになっていくからだ。

他にも有効な書籍があれば随時追加していく。

続き:現状ブラックの営業マンが転職すべき会社とは?

コメント